, , , , , ,

認知症の看護・介護に役立つ よくわかるパーソン・センタード・ケア [書籍]

内容

ケアをする人、される人、お互いの気持ちが楽になる!不安がなくなる!
認知症の人の思いを一番に考え、その人の視点からケアすることで抑うつ、徘徊、排泄トラブル、暴言・暴力などと呼ばれる行為が緩和され、現場の関係によい効果が生まれます!

目次

はじめに
  認知症ケアをする前に知っておきたい3つのこと(考え方を変えましょう)
    認知症は「人でなくなる」ことではない
    BPSDを緩和するのは「ケア」
    認知症の人が「人でいられる」ケアを
    パーソン・センタード・ケアについて
第1章 認知症のことを知る
  認知症とは
     アルツハイマー型認知症
     血管性認知症
     レビー小体型認知症
     前頭側頭型認知症
  症状について
     中核症状とは
      記憶障害 
      見当識障害
      実行機能障害
      理解・判断力障害
      失行・失認・失語
    BPSDとは
第2章 パーソン・センタード・ケアの基本
  パーソン・センタード・ケアとは
  実践するうえで大切なこと
第3章 実践のための「3ステップ」
  サインから始まる3ステップ
    例:不安や動揺のサイン!食べられないのはなぜ?
  STEP1 思いを「聞く」
    心構え
    テクニック
     例:”なぜ”を知るために、まずはその人を知る
  STEP2 情報を「集める」
    心構え
    パーソン・センタード・モデル
    1.脳の障害
    2.身体の健康状態
    3.生活歴
    4.性格傾向
    5.社会心理(人間関係・物理的環境)
     例:”なぜ”の理由から、ケアを考える
  STEP3 ニーズを「見つける」
    心構え
    心理的ニーズと関連する行為
    怖がらせること/思いやり(優しさ・温かさ)/後回しにすること/包み込むこと/急がせ
    ること/リラックスできるペース/子ども扱いすること/尊敬すること/好ましくない区
    分け(レッテル付け)をすること/受け容れること/侮辱すること/喜び合うこと/非難
    すること/尊重すること/だましたり、あざむくこと/誠実であること/わかろうとしな
    いこと/共感をもってわかろうとすること/能力を使わせないこと/能力を発揮できる
    ようにすること/強制すること/必要とされる支援をすること/中断させること/関わり
    を継続できるようにすること/物扱いすること/共に行うこと/差別すること/個性を認
    めること/無視すること/共にあること/のけ者にすること/一員として感じられるよう
    にすること/あざけること/一緒に楽しむこと
第4章パーソン・センタード・ケア実践編
  食事のこと
   ケース1 向かいの人の食事に手を伸ばす
   ケース2 「私だけ食べていない」と言う
  トイレのこと
   ケース1 便を触ってしまう
   ケース2 ゴミ箱に排尿をする
  お風呂のこと
   ケース1 火曜日しかお風呂に入りたがらない
   ケース2 ある1日だけ喜んでお風呂に入った
  眠りのこと
   ケース1 夜中、頻繁に起きる
  物盗られ妄想のこと
   ケース1 「財布を盗られる」と言う
  歩き回ること(徘徊)
   ケース1 「家に帰りたい」と言う
   ケース2 部屋の中を歩き回る
  意欲のこと
   ケース1 すべてに対して意欲が見えない
  暴言・暴力のこと
   ケース1 「あっちへ行け」と言って腕を叩く
  収集すること
   ケース1 ティッシュペーパー類を集める
  車椅子のこと
   ケース1 車椅子から立ち上がろうとする
コラム 
 急性期病院でのパーソン・センタード・ケア
 その薬、本当に必要ですか?
 「うそをつかない」ことの大切さ
 お世話をしたい人、されたい人
 「自分らしいスタイルでいたい」という気持ちを大切に
 その人の本当の構想の意味を考えていますか?
 パーソン・センタード・ケアのエビデンス
 入院、入所時にはファーストコンタクトを大切に

著者等

監修 鈴木みずえ

商品情報

項目 
タイトル認知症の看護・介護に役立つ よくわかるパーソン・センタード・ケア
形態書籍
ページ数160
出版年度2017年
出版株式会社池田書店
商品コードB0017
ISBNコード978-4-262-14588-4
価格1,512円(税込み)

関連商品

  1. 3ステップ式パーソン・センタード・ケアでよくわかる認知症看護のきほん [書籍]

    ケアをする人、される人、お互いの気持ちが楽になる!不安がなくなる!認知症の人の思いを一番に考え、その人の視点からケアすることで抑うつ、徘徊、排泄トラブル、暴言・暴力などと呼ばれる行為が緩和され、現場の関係によい効果が生まれます!

  2. 認知症をもつ人と共に歩むケア・社会へ  英国と日本におけるパーソン・センタード・ケア実践の様々な取り組み[DVD]

    英国、日本のパーソン・センタード・ケア実践者、研究者を迎えて、2017年 6月におこなわれた講演会を収録。よい組織文化の7つの特徴、パーソン センタードモデル、パーソン・センタードなケアプランについて紹介。

  3. はじめての認知症ケアマッピング コード付けの練習 [DVD]

    このDVDは、「パーソン・センタード・ケアと認知症ケアマッピング基礎研修」を終えたマッパーが、はじめて認知症ケアマッピングを行うとき、特にマッピング(コード付け)を支援するために作成されました。理解を深め、本番に向けて力をつけることができれば幸いです。

  4. テレビ回想法の使い方[DVD]

    これから「テレビ回想法懐かしい話」を使って、回想法をはじめたいと考えている方を対象に、回想法の基礎から、テレビ回想法の使い方、学び方などを説明したDVDセミナーです。 講師は、実際に「テレビ回想法懐かしい話」に出演している、来島修志先生です。

  5. 第9回オールジャパンケアコンテスト 2018 [DVD]

    オールジャパンコンテスト(AJCC)は、高齢者ケアの技術を競い合うコンテストです。介護者のケア技術を高め合うこと、利用者やご家族・地域の方々にケアの奥深さや素晴らしさを伝えること、互いに支えあう地域の土壌を育むことが目的。

  6. 高齢者福祉における職業倫理 ① 身体拘束廃止編[DVD]

    「縛らない看護」の著者田中とも江氏による、高齢者虐待防止・身体拘束廃止の視点からの職業倫理の講義です。高齢者ケアに関わるすべての人に、ケアの原点を振りかえる機会を与えます。

新刊


書籍「3ステップ式パーソン・センタード・ケアでよくわかる認知症看護のきほん」
価格 2,376円(税込み)
詳細ページ


DVD「認知症をもつ人と共に歩むケア・社会へ」
価格 2,700円(税込み)
詳細ページ


DVD「はじめての認知症ケアマッピング コード付けの練習」
価格 2,700円(税込み)
詳細ページ


DVD「テレビ回想法の使い方」
価格 2,700円(税込み)
詳細ページ

メルマガ かわらばん


新作DVDやeラーニング情報をお届けします。登録はこちらから。

ページ上部へ戻る