新作DVDのご紹介 「思い出を分かち合おう、今日をともに生きよう」~回想を生かした認知症をもつ人とのよりよいコミュニケーション パム・シュワイツァーワークショップ

このDVDは、2019年9月に認定NPO法人パーソン・センタード・ケアを考える会さん(以下考える会さん)が招聘して来日した、パム・シュワイツァーさん(以下パムさん)のワークショップを収録・構成したものです。

パムさんは、「思い出を分かち合おう、今日をともに生きよう」(Remembering Yesterday,Caring Today)と名付けた、認知症をもつ人とのコミュニケーションプログラムを20年以上に渡って実践し、積極的に紹介してきました。

パムさんのプログラムでは、モノや写真、演劇、音楽・ダンス、メモリーボックスといったものを使い、会話が困難になっている人にも、昔のことを思い起こす「回想」によって刺激を与え、ご家族と一緒に楽しむことができる場を提供してきました。

パム・シュワイツァーさんは、演劇畑の出身で回想法の実践者、現在はヨーロッパ・レミニセンス・ネットワークの代表をされています。以前はイギリスロンドン郊外のブラックヒースという町で、「エイジエクスチェンジセンター」という回想を生かした多世代交流センターを運営しておられました。(現在は引退され、別の方が運営されています。)センターには世界中から回想法や認知症ケアの実践者・研究者が訪れ、回想法の総本山といったイメージでした。当時のエイジエクスチェンジセンターの様子を撮影した映像を特典映像として収録しました。

エイジエクスチェンジセンター(イギリス ブラックヒース)

RYCTプロジェクト(Remembering Yesterday Caring Today Projects)

タイトルになっている、「思い出を分かち合おう、今日をともに生きよう」は、パムさんが考案・実践されている、RYCTプロジェクト(Remembering Yesterday Caring Today Projects)を、考える会さんが日本語訳したものです。

RYCTプロジェクトは、パムさんが認知症をもつ人や家族を対象におこなってきたクリエイティブな(創造的な)回想ワークの集大成といったものです。過去の経験を思い出し、他の人達とその経験をわかち合い、そして記憶をもとに皆で再現する即興劇をおこなったり、思い出をまとめたメモリーボックスを作ったりと、思い出を創造的な活動に発展させる取り組みです。言葉が出づらくなっている人にも取り組むことができるよう、物や道具を使ったり、絵を描いたり、演劇やダンスなどの非言語的なコミュニケーション活動(ノンバーバールコミュニケーション)を、取り入れていくことを推奨しています。

結婚式を演じて再現する即興劇

DVDの内容

収録内容(128分2枚組)
Disk1
1 はじめに(3分)
2 回想ワークとは(35分)
3 回想ワークの体験(22分)
Disk2
4 クリエイティブな回想ワーク(30分)
5 男性の方への回想ワークについて(11分)
特典映像
高齢者の歩んできた人生をケアに活かす試み「イギリス エイジエクスチェンジセンター」2001年制作(27分)

チャプター2「回想ワークとは」では、高齢者にとって回想することとはどういうことか、回想ワークが認知症をもつ人や家族、ケアに携わる人にどのような効果をもたらすのかについて解説しています。回想ワークの基礎を学ぶことができる講義です。

チャプター3「回想ワークの体験」では、ワークショップの参加者同士がエクササイズを通して、「回想ワーク」を体験しました。その様子を収録しています。実際に回想ワークを行う際の留意点などを体験を通して学びました。

チャプター4「クリエイティブな回想ワーク」は、写真や道具を使ったり、人生の一コマを再現する即興劇、記憶を絵にすること、思い出を集めた「メモリーボックス」などを活用した、クリエイティブな回想ワークについての講義です。RYCTプロジェクトの実例も紹介しています。

チャプター5では、パムさんの夫であるアレックス・シュワイツァーさんのお話を収録しています。アレックスさんは、写真家としてパムさんのプログラムに参加し、支援を続けてきました。その経験のなかで、認知症をもつ男性の方に提供する回想ワークについて話をしています。

ワークショップの内容は、これから認知症をもつ方への取り組みとして、回想ワークを取り入れようとされている方にとって、基本的な知識を習得できるわかりやすい入門講座となっています。

チャプター2 回想ワークとは
チャプター3 回想ワークの体験
メモリーボックス
アレックス・シュワイツァーさん

参考サイト

「思い出を分かち合おう、今日をともに生きよう」~回想を生かした認知症をもつ人とのよりよいコミュニケーション パム・シュワイツァーワークショップ

Pam Schweitzer, MBE パム・シュワイツァーさんのHP

European Reminisence Network ヨーロッパ・レミニセンス・ネットワークのHP

写真と文 桑野康一

身体拘束廃止研修ビデオ 鳥海先生の新・始めの一歩!〜身体拘束ゼロの真の意味〜

2019年6月に行なわれた「第2回身体拘束ゼロ・高齢者虐待防止推進勉強会」(主催 NPO法人シルバー総合研究所)での鳥海房枝先生の講演を、施設内研修などで活用できるように再構成しました。

現在厚生労働省では「身体拘束ゼロへの手引き」の改定について議論されており、「身体拘束禁止の対象となる具体的な行為」、いわゆる11項目の見直し等が検討されているようです。その背景や内容について、その作業に携わっている委員のひとりである鳥海房枝先生(NPO法人メイアイヘルプユー事務局長)に話を伺ってみようということで、鳥海先生と同じく見直しの作業にかかわっている田中とも江先生(ケアホーム西大井こうほうえん施設長)を招いて開催されました。

その内容を項目ごとにチャプターにまとめ、ナレーション、テロップで補足説明を入れたものが本DVDとなります。ここではその概要をご紹介します。

チャプター2 「身体拘束ゼロへの手引」

チャプター2 「身体拘束ゼロへの手引」では、今から20年前、介護保険が始まった年に発行された「身体拘束ゼロの手引」(2001年3月厚生労働省「身体拘束ゼロ作戦推進会議」が発行)が作られた背景や、今回の見直しに至る経緯などを話しています。ゼロの手引には、「身体拘束禁止の対象となる具体的な行為」いわゆる11項目が記載され、介護保険施設ではこれを参考に廃止に向けた取り組みをおこないました。

その後、これをすり抜けるための「不適切なケア」が介護現場で少なからず行われていることが、介護相談員の調査から明らかになりました。不適切なケアの具体例としては、車椅子のタイヤの空気を片側だけ抜いて移動範囲を制限し、管理しやすくするなどの行為などが挙げられていました。このような事はもちろん一部の高齢者施設に限られると思いますが、こういったを状況を受けてゼロの手引の見直しがおこなわれているということです。

「身体拘束ゼロへの手引」
「身体拘束禁止の対象となる具体的な行為」

チャプター3「身体拘束ゼロの真の意味①〜認知症をもつ人の行動は、私達へのコミュニケーション」

チャプター3では、認知症をもつ人の行動、BPSDは言葉にならない人の言葉であり、ご本人にとっては切実なコミュニケーションの方法ではないか、そのメッセージを受け止め紐解く事が、改善のチャンスにつながる、と話していました。

具体的には、「オムツを外すあるいは便をいじるあるいは暴言というか暴れるとかというのも、実は彼らからのコミュニケーションの方法ではないかと」捉え、「彼らからの、言葉ではない意思表示なんだという受け止め方をして、彼らが No と言っている何とかしてくれと言っている、それをどう受け止めるかっていうことだよっていうのをそもそものスタートにすると、とってもいいチャンスになるだろう」と鳥海先生は言っています。

チャプター4「身体拘束ゼロの真の意味②〜高齢者の生老病死を肯定する〜」

チャプター4では、高齢者は今日より明日が衰えていく存在である、と捉えることを前提とすべきと話しています。そう捉えると、「明日や将来のために今日我慢させることは一切ない」はずであると語っています。

「今日がいい日である、明日が来たらまた今日が一番いい日であるというのを重ねていって、いい顔で穏やかに暮らして頂いて、やがて亡くなるというその日を迎えるという、この考え方をしていく。歳をとって今更何のためにこれしちゃいかんこれやったら良くないみたいなことは何もないはずです。」と。

高齢者の生老病死を肯定する

チャプター5「身体拘束ゼロの真の意味③〜ご家族が身体拘束を希望するケースについて考える」

チャプター5では、やむを得ず身体拘束を行っているケースの中には、ご家族が身体拘束を希望する場合がある、との報告について話しています。その背景には、ベッドから転落したり、転倒したりして骨折させたくない、というご家族の切実な思いがあるのだといいます。そのような「リスクを軽減させるための身体拘束」をどのように考えたら良いのか。

「動けることはその人にとって素晴らしいこと」だと考える。そして、ご家族にリスクを認識してもらい、暮らしを続けていく中で、悩みを共有する環境を一緒に作るべきであると、鳥海先生は言っています。

チャプター6「身体拘束ゼロの真の意味④〜利用者の傍らにいる時間をいかにつくるか」

チャプター6では、「今日がいい日である、明日が来たらまた今日が一番いい日である」という毎日を重ねていくためのヒントについて話しています。

「作業部分を合理化して、ご利用者の傍にいる時間を増やしていく」こと、「利用者の心を動かす個別ケアを組み立てる」こと、「利用者を主語にして、ケアを説明できる力をもつ」こと、などについて具体的に話しています。

「作業部分を合理化して、ご利用者の傍にいる時間を増やしていく」の具体的な例としては、鳥海先生が実際におこなった例としてシーツをボックスシーツにして、シーツ交換の時間を短縮することによって、ご利用者と接する時間を増やすといったことが語られていました。

利用者の心を動かす個別ケアを組み立てる

DVDは、身体拘束ゼロの真の意味を改めて考える内容となっています。日頃の取り組みを見直す機会に、施設内研修などで皆さんで御覧ください。

身体拘束廃止研修ビデオ 鳥海先生の新・始めの一歩!〜身体拘束ゼロの真の意味〜

写真と文 桑野康一

黒田留美子式高齢者ソフト食 動画でわかる基本レシピ11品

昨年夏、高齢者ソフト食研究会から依頼をいただき「黒田留美子式高齢者ソフト食 動画でわかる基本レシピ11品」を制作しました。シルバーチャンネルでも販売をはじめましたので、基本レシピ11品を写真を使ってご紹介します。

ソフト握り寿司

介護食ゼラチン寒天(伊那食品工業株式会社)を入れたご飯を使ったお寿司です。お寿司のネタはマグロとサーモン。オリーブオイルと醤油に漬けてづけにします。サーモンはバーナーで炙ることで口の中でほどけて食べやすくなります。

五目寿司

介護食ゼラチン寒天を入れたご飯を使った五目寿司。具は人参、ささがきゴボウ、しいたけ、鳥のミンチです。しいたけはそのままだと誤嚥しやすので、バイタミックスで粉々にします。しいたけのグアニル酸が旨味となり、しっかりとした味です。

りんごのコンポート

りんごの中でも仕上がりが柔らかく、介護食に適したジョナゴールドを使ったコンポート。コンポートとは果物を水や薄い砂糖水で煮て作る、ヨーロッパの伝統的な保存食です。スチームコンベクションで加熱調理します。

鶏のから揚げ

ソフミートとり(林兼産業)を使ったから揚げです。普通の衣の付け方と違い、小麦粉、卵の順につけて揚げます。この方法のほうが歯のない方でも食べやすいとのこと。

南瓜の煮物

高齢の方にお好きな人の多いカボチャの煮物。皮をとって厚みは0.5㎜、長さは一口大に切ります。最初に味付けをしてから煮ると煮崩れしません。

揚げ茄子のとろろソースかけ

茄子は7mm程度のスティック状に切り揚げます。長芋は味付けして加熱して適量をかけます。長芋が多すぎると誤嚥の危険性があるので、少量にするのがポイント。

鯖の味噌煮

中骨を取った鯖の切り身をつかって味噌煮にします。最初に味付けして加熱するのがポイント。ビデオではスチームコンベクションで調理しました。

からすがれいの味噌煮

鯖の味噌煮のソフト食2の展開として、からすがれいを使いました。ソフト食2は歯がない人でも歯茎で押しつぶせるほどの硬さの料理です。皮をむいたパプリカとズッキーニを付け合わせにします。

豆乳茶碗蒸し

豆乳をつかった茶碗蒸しです。大豆油脂と、多めにいれた卵が食塊(しょっかい)をつくりやすくします。銀あんを入れることで飲み込む時の滑りを良くします。

あおさの味噌汁

わかめの味噌汁は、わかめが口の中にへばりつくので、嚥下障害のある方には食べにくい汁ものです。ソフト食では口に入れたときにばらける、あおさを使って味噌汁にします。磯の香りが食欲をそそります。

サイダーゼリー

介護食ゼラチン寒天をつかった誤嚥しにくいデザートです。作り方は淡雪かんと同じ。爽やかな味わいです。

写真と文 桑野康一

WindowsのパソコンでDVDが再生されない時にお試しいただきたいこと

当社のDVDは、DVDプレーヤーやパソコンでも再生できるようチェックをして出荷していますが、時々「Windowsのパソコンで再生されず困っている」というご連絡を受けることがあります。もしそのような時は、下記の方法をお試しください。

メディアプレーヤー「 VLC media player 」をインストールしてDVDプレーヤとしてお使いください。定評のあるオープンソースソフトウェア(無料)です。ダウンロードリンクは下記となります。

VLC media player

Windowsのバージョンによっては、DVDプレーヤーがインストールされていないものや、DVDの再生機能がついていないメディアプレーヤーがインストールされている場合があります。これらをいろいろと検証して時間を浪費するよりは、VLC media player をインストールすることをお勧めします。

また、DVDの盤面に傷がついていて再生しない場合など、原因がDVDにある場合もあります。 そのような時やご不明点などがありましたらお気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちらから。

第6回 地域回想法サミットin宮崎

回想法分野で日本をリードする方々を招き、『第6回地域回想法サミット』が11月16日〜17日、宮崎市民プラザ(宮崎県宮崎市)にて開催されます。

  • 第6回 地域回想法サミットin宮崎
  • 開催日 2019年11月16日(土)〜17日(日)
  • 場 所 宮崎市民プラザ

基調講演は野村豊子先生(日本福祉大学大学院客員教授)、特別講演は遠藤英俊先生(国立長寿医療研究センター長寿医療研修センター長)、基調講演は市橋芳則先生(北名古屋市歴史民俗資料館館長)です。

テレビ回想法でおなじみの来島修志先生や、地域回想法の発祥地、愛知県北名古屋市の保健師さん、いきいき隊の皆さんも登壇されます。お近くの方はぜひご参加ください。

プログラムは、こちらからダウンロードできます。

お申し込み、詳細は主催 医療法人ハートピア細見クリニックのページでご覧いただけます。

撮影報告 ロシア サンクトペテルブルグ

11月5日から1週間ほど、ロシアのサンクトペテルブルグ市に行き、撮影の仕事をしてきました。仕事の内容は、ロシアと日本の文化交流イベントの記録。現地のコーディネーターの方(日本語学校の生徒さん)に、通訳やインタビューアーをお願いして、無事仕事を終えて帰国しました。

ロシアははじめてでしたが、とても良い印象でした。サンクトペテルブルグ市は、観光地ということもあり、活気があり、道を歩いている人も楽しそうな表情をした人が多かったです。インターネット環境も整っており、メールチェックも何ら支障なくおこなえました。ロシアの印象が変わった1週間でした。

仕事の合間にサンクトペテルブルグで撮影した風景をいくつかご紹介します。

エルミタージュ美術館の開館前。中国からもたくさんの観光客がいらっしゃいました。『一帯一路』の横断幕のようでした。
エルミタージュ美術館。宮殿を美術館にしているため、絢爛豪華な部屋の数々。圧倒されます。
エルミタージュ美術館。一部をのぞいて写真撮影も許可されています。
エルミタージュ美術館。歩けど歩けど絢爛豪華な部屋が次々に現れます。
ボッス「快楽の園」 絵画は手が届く場所に掛けてあります。綺麗に修復がなされていて、どの絵も描いたばかりのように見えました。
エルミタージュ美術館の近くにあるイサーク大聖堂。力強い印象の巨大な宗教建築。
イサーク大聖堂。圧倒的な内部装飾。
イサーク大聖堂
道端で作物を売るお年寄り
ドストエフスキーの銅像
ドストエフスキー文学記念館。ドストエフスキーの書斎などを再現。ペンや書簡などが展示されていていました。
ドストエフスキーのデスマスク
地下鉄へのエスカレーター。サンクトペテルブルグ市は海に近く、いくつかの島を地下鉄がつないでいるため、地下鉄は深いです。大江戸線よりも深いのではないかと思いました。
地下鉄の駅。
ドストエフスキー「罪と罰」に登場するセンナヤ広場。地下鉄が集まる地上広場になっていました。

写真と文 桑野康一

オールジャパンケアコンテスト2018

10月13日、介護の質の向上と地域のつながりを目指した「第9回オールジャパンケアコンテスト(AJCC)」が、島根県米子市の米子コンベンションセンターで行われ、今年も撮影に行きました。

オールジャパンケアコンテスト(AJCC)は、全国各地から集まったケア専門職(120名)がケアの腕前を競い合うコンテスト。今年は、EPA介護福祉士候補者の2名(トリ プジ ス サンティさん(こうのしま介護老人保健施設)、ドゥイ クルニアワン アナムさん(天神介護老人保健施設)いずれも岡山県)も参加していました。コンテスト終了後には、映画「ケアニン~あなたでよかった~」の上映会と、エグゼクティブプロデューサー山國秀幸さんを迎えてのトークショーも行なわれました。

来年は10回目のコンテスト開催となる記念すべき年。東京のオリンピックセンターで行われることが決まっています。是非全国から多くの選手に参加してほしいと思います。

オールジャパンケアコンテスト2018公式DVDはこちら

第9回オールジャパンケアコンテスト(AJCC)
主催 第9回オールジャパンケアコンテスト実行委員会
共催 鳥取県、第一生命保険株式会社
主幹 社会福祉法人こうほうえん、会長 廣江研


看取りケア部門 以前トラックの運転手をしていた方。今は看取りと診断され、食事が止められており1日1度飴をなめることを楽しみにしておられます。好きだった八代亜紀や北島三郎の音楽を聴き地図を眺めて過ごしているという設定。選手は本人の意向に沿った支援を7分間の演技で表現します。



口腔ケア部門 アルツハイマー型認知症のある佐藤さんへの口腔ケア。ご自身の歯磨きでは磨き残しがあります。今後、佐藤さんが自分で口腔内の清潔保持ができるようになることを目指して支援をおこないます。高齢者役も介護の専門職が担当しています。


入浴ケア部門 1週間前に転倒し一人での入浴に不安がある木村さんへの支援。円背があります。脱衣場まで案内し着衣までの支援をおこないます。写真は、EPA介護福祉士候補者のドゥイ クルニアワン アナムさん(B部門優秀賞受賞)。


認知症ケア部門 軽費老人ホームに入居中のアルツハイマー型認知症をもつ井上さん(85才)への支援。今日は、公民館で行われる歌の会に参加する予定。身支度をして外出までの支援をおこないます。


排泄ケア部門 老人保健施設に入居中の岡本さんは、脳梗塞後遺症で軽度の左片麻痺があり、全ての動作に依存傾向がみられます。排便が4日間みられていません。ポータブルトイレで排泄後、ベッドに戻るまでの支援をおこないます。



食事ケア部門 松本さんは脳梗塞後遺症で右片麻痺があります。おやつの時間ですが、昨夜不眠のため椅子に座ってウトウトしておられます。もともと食べる事が好きな方ですが、最近、疲労感が強く食欲が落ちています。おやつと水分補給の支援をおこないます。

写真と文 桑野康一

ただいま制作中  DVDセミナー「テレビ回想法の使い方」

テレビ回想法懐かしい話」の全巻発売を記念して、DVDセミナー「テレビ回想法の使い方」を制作しています。出演の来島修志先生もすっかり白髪になり、貫禄を感じさせます。回想法とは〜テレビ回想法の使い方〜地域回想法の紹介など、1時間程度の内容になる予定です。

今回のスタジオ撮影に合わせて、さいたま市にて「認知症の方への回想法基礎研修」をシルバー総合研究所主催で行いました。詳細はシルバー総合研究所のホームページで報告しています。来島先生の認知症をもつ方への愛情と、回想法への熱意が伝わってくる研修内容でした。


「認知症の方への回想法基礎研修」の風景


「認知症の方への回想法基礎研修」の風景


写真と文 桑野康一

グループホーム福寿荘を描いたドキュメンタリー「ゆめのほとり」

北海道札幌市にあるグループホーム福寿荘の日常を、伊勢真一監督が描いた「ゆめのほとり」が公開されています。

グループホームで暮らす方々の人間味溢れる日々の様子や、インタビュー、つぶやき、懸命に生きる姿、支える姿、ご家族の姿が丹念に描かれており、“認知症の人は何もわからない人でなく、本人なりの思いや願い・できる力を秘めている人”であり、まわりの人の関係の中でいきいきと生きていることを、メッセージとして強く感じる映画でした。

映画の中では、ナレーションや説明はほとんどなく、ご利用者、スタッフ、家族の会話やインタビューが、詩的な雪の風景を挟んで構成されています。表情や言葉、しぐさなど、どの場面も興味深く惹きつけられ、とても良い90分間を過すことができました。

グループホーム福寿荘には私も、クリスティーン・ブライデンさんが来日された時にご一緒させていただいたり、若年認知症の方のデイサービスで認知症ケアマッピングをさせていただいたりと、何度か伺ったことがあります。今回の映画には、福寿荘のありのままが誇張されることなく描かれているように思えました。映画を見たあとに実際にそこにいたかのような気分になりました。

公開初日は、伊勢監督と武田純子さん(福寿荘を経営する有限会社ライフアート代表)のゲストトークがありました。ご利用者の方がカメラが向いた時に演技をはじめたり、撮影に対して役割を発揮しようとしていた姿や、認知症のある方への武田さんの強い思いが語られていました。私の隣に座っておられた方は高齢者施設関連の方だと思いますが、お二人の話に大きくうなずいておられました。

認知症ケアやパーソン・センタード・ケアを学ばれている方には、とても良い体験になるのではないかと思いご紹介させていただきます。上映期間が短いのでぜひお見逃しなく!

上映情報
タイトル:「ゆめのほとり」
日時:2015/11/21(土)~12/4(金)11:40~1回上映
場所:ks-cinema(東京都新宿)

映画の詳細はこちら

地域で取り組む 認知症のパーソン・センタード・ケア 視聴覚教材

地域で認知症とともに生きることを考えるためのグループワーク教材

シルバーチャンネルでは、NPO法人パーソン・センタード・ケアを考える会(代表 村田康子さん)の製作依頼を受けて、『地域で取り組む 認知症のパーソン・センタード・ケア 視聴覚教材』の制作をおこないました。

映像では、登場人物 村山久子さん(80代)の認知症の早期からエンドオブライフまで6つの時期を描いており、それぞれの時期に、専門職や地域の支援者、ご家族、ご本人が、必要な支援とはどんなことだろうか?と、話し合う場を提供するための教材となっています。

この教材は、はじめは「Come into my world」の題名でオーストラリアで作られました。その後、英国ウースター大学のドーン・ブルッカー教授が英国版「STAND BY ME(スタンド・バイ・ミー)」を作成し、英国版を下敷きに日本版を現在製作しているということになります。

多くの専門職、マッパーが制作に参加

制作にあたっては英国版を参考にしながらも、日本の現場で使いやすいように検討を重ね、台本の段階からさまざまな工夫を織り込んでいます。例えば、英国版ではそれぞれの認知症の進行過程で、本人を演じる人が変化していくのですが、日本版では一貫して、村山久子さんを描いています。それによって、ステージごとのご本人やご家族の気持ちの変化を、見る人が感じ取れるようにとの配慮です。

脚本や場面設定には、実際に現場で活躍している専門職や認知症ケアマッピングのマッパーらが多く関わっており、これまでにない、現場発信によるパーソン・センタード・ケアを考えていくためのツールになっています。

出演者は半分はプロの役者、半分は現場の専門職の方々が演じています。それぞれの持ち味を活かした演技によって、映像に自然さや深みが増しています。

2016年春に完成し、DVDと解説書のセットで販売され、ファシリテーターのための研修も行われています。
監修は、認知症ケアマッピングとパーソン・センタード・ケアの日本のストラテジックリード(日本導入のリーダー)である水野裕先生(いまいせ心療センター副院長)です。

※教材はNPO法人パーソン・センタード・ケアを考える会にて購入が可能です。くわしくは、NPO法人パーソン・センタード・ケアを考える会のホームページを御覧ください。


試写1a.00_01_18_29.Still002
試写1a.00_10_35_22.Still009
試写1a.00_19_12_23.Still015
試写1a.00_32_33_09.Still023
試写1a.00_36_10_05.Still027
試写1a.00_45_05_27.Still035
試写1a.00_46_44_17.Still036
試写1a.00_46_54_04.Still037