回想アクティビティ ハンドブック 〜すすめ方がみえる実例9とアイデアのメニュー101種 [書籍]

アクティビティとしての回想法をはじめるのに必要なことのすべてを、この1冊に!

人生経験は、その人の豊かな財産です。
「みんなちがって、みんないい」回想アクティビティの手びき(おびより)

内容紹介

〜まえがきより〜
 これまで生きてきた人生に目を向けましょう。過去があって現在があるのです。人生経験はその人の豊かな財産であり、それに価値を見いだせば、新たな生きがいにつながります。ということは、過去は未来への糧にもなるのです。
 回想法は、過去を思い出すことを人間の能力としてポジティブにとらえます。回想が高齢者の健康増進とウェルネスの向上に寄与することは、科学的な研究の裏付けとともに、今日ではよく知られています。認知症患者を対象とした心理的な療法として活用がすすんでいますし、一般住民、健常者が参加する「地域回想法」も行われていて、こちらは認知症の予防効果が期待されています。高齢化が急速に進む日本で今後ますます普及に向かうことは間違いありません。(梅本 充子・中島 朱美, P.3)

〜回想とは〜
 回想とは、人生でかつて経験したさまざまなことについて詳細に思い出していくことです。ふだん、私たちは「思い出」という言葉をよく使いますが、回想は、断片的な思い出の1つひとつであるだけでなく、それらを詳細に思い起こす過程で別の思い出につながります。呼び起こされたたくさんの思い出は、1枚の絵あるいは物語のようにまとめることができるでしょう。人間は、そのように思い出を発展させていく能力をもっています。回想するということは、すなわちその能力を発揮することなのです。(第1章 アクティビティとしての回想法,1 回想法とは「詳しく思い出す」こと  P.29)

目次

Ⅰ  回想アクティビティ入門
第1章 アクティビティとしての回想法
1 回想法とは「詳しく思い出す」こと
2 追憶や回顧との違い
3 回想の価値
4 回想アクティビティ
5 精神療法的アプローチとの違い
6 回想アクティビティの参加者
7 回想アクティビティから得られるもの
8 創造性の発揮へ
9 オーラル・ヒストリー

第2章 回想プロジェクト
アクティビティの計画、実施、評価
1 企画立案
2 プロジェクトの概要
3 回想グループへの招待
4 アクティビティの実施計画ー8回のセッション
5 単発で行なうセッション
6 計画に縛られない柔軟な対応
7 一連のセッションを終えた後で
8 評価

第3章 回想ワーカーの役割と心得
1 パーソン・センタード・ケア
2 良いコミュニケーション
3 心からの興味
4 選択の尊重
5 忠実性と秘密保持
6 信頼関係の確立
7 辛い感情を伴う思い出に対して
8 決めつけない
9 暖かさとユーモア
10 回想を促すはたらきかけ
11 テーマの選択と絞り込み
12 想像力と創造力
13 コ・ワーカー
14 ミーティング
15 記録の工夫
16 全体の振り返り
17 スキルアップ
18 編集ー成果をまとめる

第4章 アクティビティの展開
セッションの開始から終了まで
1 回想グループに「理想の姿」はありません
2 第1回のセッション
3 第2回以降のセッション
4 話し合い アクティビティの進行1
5 回想の引き出し方 アクティビティの進行2
6 思い出を分かち合うために アクティビティの進行3
7 テーマの決定 アクティビティの進行4
8 テーマの展開を促す方法 アクティビティの進行5
9 セッションの終わり方 アクティビティの進行6

第5章 回想トリガー
1 音
2 匂い、香り、味
3 オブジェ
4 映像(写真、動画)
5 言葉
6 本と読書
7 新聞
8 外へ出かけましょう
9 回想コレクション

第6章 認知症ケアに活かす
1 認知症を患うとはどういうことか
2 認知症を患う人々の回想
3 認知症ケアにおける回想の意義
4 トラウマとなっている思い出への対応
5 非言語的コミュニケーションの重要性
6 穏やかな感覚刺激
7 無理は禁物ー活動自体を目的にしない
8 記憶の不思議
9 評価ツール
10 認知症を患う人と行なうアクティビティ
11 パフォーマンスのアクティビティ

Ⅱ  アイデアとヒント 回想アクティビティのメニュー101種
付.INDEX アクティビティの分類と特徴別メニュー一覧

著者
バーニー・アリゴ  回想コンサルタント(元Age Exchange理事)
梅本 充子  日本福祉大学教授
中島 朱美  山梨県立大学教授

商品情報

項目 
タイトル回想アクティビティ ハンドブック 〜すすめ方がみえる実例9とアイデアのメニュー101種
形態書籍
ページ数291
出版年度2018年
出版すぴか書房
商品コードB0020
ISBNコード978-4-902630-27-5
価格3,630円(税込み)

あなたにおすすめ

グループ回想法実践マニュアル [書籍]

内容紹介

高齢者介護予防、サクセスフルエイジング、世代間交流。健康な地域づくりに貢献する、グループで行う回想法のてびき。読んで楽しい!実践事例集付きです。

~著者より~
専門家による認知症を対象にした療法の解説ではなく、もっと広くさまざまな人が楽しく有意義に実践するためのマニュアル本が求められていると考えました。地域で行うアクティビティ(レクレーション)としての回想法の多彩なあり方を紹介しています。

目次

第1章 回想法とは
第2章 グループ回想法の実際
第3章 展開の方法 17のポイント
第4章 リーダーとコ・リーダー
第5章 実践事例集

著者  梅本充子
発行所 有限会社 すぴか書房

商品情報

項目 
タイトルグループ回想法実践マニュアル
形態書籍
ページ数124
出版社すぴか書房
製作年度2007年
商品コードB0004
ISBNコード978-4-902630-18-3
価格2,200円(税込み)

あなたにおすすめ

懐かしの玉手箱 [DVD]

内容紹介

お年寄りが、笑うのはどんなときですか?そんな時、仕事の楽しさを感じるあなたがいるはず。 お年寄りも、皆さん(スタッフ)も、笑顔を忘れていませんか? このDVDは、コミュニケーションの宝箱です。 笑顔のもとがたくさんたくさん詰まっています。
オリジナルピアノ楽曲とともに、全7章・41シーンの懐かしい場面を、一枚のDVDに収録しました。ともに楽しむ時間を作ってみませんか。

DVDの内容

第一章 家の仕事
「朝ごはん」「掃除」「洗濯」「お米を炊く」「薪割り」「針仕事」

第二章 季節の食べもの
「ぬか漬け」「梅を漬ける」「土用干し」「サンマを焼く」「栗を煮る」「餅を焼く」

第三章 身だしなみ
「床屋」「髪型」「髪を結う」「きもの」「銭湯」「ぬか袋」

第四章 こどもの遊び
「竹とんぼ」「ベーゴマ」「お手玉」「めんこ」「おはじき」「姉様人形」

第五章 季節の行事1
「お宮参り」「茶摘み」「田植え」「端午の節句」「ほおずき」「蚊帳」

第六章 季節の行事2
「お盆」「盆踊り」「十五夜」「稲刈り」「餅つき」「雪」

第七章 いつか見た風景
「日の出」「雲」「雨」「春」「夕日」

監修 永田久美子 認知症介護研究・研修東京センター

サンプル映像

商品情報

項目 
タイトル懐かしの玉手箱 思わず笑顔になる41シーン
形態DVD
分数90分
製作年度2005年
商品コード0134
JANコード4562398140134
価格2,750円(税込み)

あなたにおすすめ

北名古屋市 思い出ふれあい(回想法)事業 [DVD]

内容紹介

昔懐かしい生活用具などを用いて、かつて経験したことを楽しみながら皆で語り合うことによって、 脳を活性化させ、気持ち(心)を元気にする心理・社会的アプローチが回想法です。回想法は、対人交流や情緒の活性化、高齢者のQOL(生活の質)向上などに効果があるといわれています。

北名古屋市では、この回想法を「思い出ふれあい事業」として、介護予防、認知症予防を目的に、保健福祉の地域ケアに位置付け実施しています。このDVDでは、北名古屋市思い出ふれあい回想法事業の概要を解説しています。

製作・著作:愛知県北名古屋市

サンプル映像

商品情報

項目 
タイトル北名古屋市 思い出ふれあい(回想法)事業
形態DVD
分数20分
製作年度2008年
商品コード0127
JANコード4562398140127
価格1,650円(税込み)

あなたにおすすめ

「思い出を分かち合おう、今日をともに生きよう」~回想を生かした認知症をもつ人とのよりよいコミュニケーション パム・シュワイツァーワークショップ [DVD]

「思い出を分かち合おう、今日をともに生きよう」 Remembering Yesterday,Caring Today~クリエイティブ回想ワーク

このDVDは、2019年9月に来日した、パム・シュワイツァーさんのワークショップをまとめたものです。

パムさんは、「思い出を分かち合おう、今日をともに生きよう」(Remembering Yesterday,Caring Today)と名付けた、認知症をもつ人とのコミュニケーションプログラムを20年以上に渡って実践し、積極的に紹介してきました。

パムさんのプログラムでは、モノや写真、演劇、音楽・ダンス、メモリーボックスといったものを使い、会話が困難になっている人にも、昔のことを思い起こす「回想」によって刺激を与え、ご家族と一緒に楽しむことができる場を提供してきました。

それらの取り組みが英国政府に認められ、2000年にはMBE(大英帝国5等勲爵士)、2014年には英国ケア永年功労賞を受賞されました。

今回行われたワークショップでは、クリエイティブ回想ワークの考え方や実例を紹介し、ロールプレイでは、参加された方が実際に回想ワークを体験しました。

特典映像 高齢者の歩んできた人生をケアに活かす試み 「イギリス エイジエクスチェンジセンター」2001年制作(27分)では、パム・シュワイツァーさんが運営していた「エイジエクスチェンジセンター」(イギリスロンドン郊外ブラックヒース)の取り組みを紹介しています。

DVDの収録内容(全128分 2枚組)

Disk1
1 はじめに(3分)
2 回想ワークとは(35分)
3 回想ワークの体験(22分)
Disk2
4 クリエイティブな回想ワーク(30分)
5 男性の方への回想ワークについて(11分)
特典映像
高齢者の歩んできた人生をケアに活かす試み「イギリス エイジエクスチェンジセンター」2001年制作(27分)

認知症をもつ人、家族、支援者皆で回想して思い出し、結婚式を演じて再現している様子
メモリーボックス:支援者とともに回想を行い、その人の回想をメモリーボックスに表現して他の人と思い出を分かち合う

サンプル映像

講師紹介

パム・シュワイツァー(Pam Schweitzer,MBE)

作家、演出家、講師として、教育演劇の世界で長年活動。回想とオーラルヒストリーに強い関心を抱く。
1983年、エイジ・エクスチェンジ・シアター・トラストを設立し、2005年まで芸術監督を務める。その後37年間、20世紀の社会史における重要なテーマについて、高齢者の記憶を記録し、後世に残すことに力を注ぐ。
1987年、あらゆる世代や文化をもつ人々が、回想プロジェクトに参加するための出会いの場として、世界初の回想センター「エイジエクスチェンジセンター」をロンドン郊外ブラックヒースに開設。また、英国と他のヨーロッパ諸国の回想センターの設立をサポートしている。
1993年、ヨーロッパ16カ国のパートナーとヨーロッパ・レミニセンス・ネットワークを設立。コーディネーターとして、回想シアター、異文化回想ワーク、認知症ケアにおける回想の分野で、国際会議、セミナー、フェスティバルを開催している。

RYCTプロジェクト(Remembering Yesterday Caring Today Projects)
認知症をもつ人と、在宅で介護している家族が、専門家やボランティアのサポートを受けながら、回想セッションに参加し、人生を思い出し共有するプロジェクト。1997年よりヨーロッパ・レミニセンス・ネットワークが中心となっておこなっている。

パム・シュワイツァー
http://www.pamschweitzer.com
RYCTプロジェクト
http://www.rememberingyesterdaycaringtoday.com/

ワークショップ

2019年パム・シュワイツァー氏招聘特別ワークショップ Remembering Yesterday,Caring Today
回想を生かした認知症をもつ人とのよりよいコミュニケーション-本人・家族とともに地域で生かすクリエイティブ回想法-
日 程:2019年9月29日、10月3日
会 場:首都大学東京荒川キャンパス
主 催:認定NPO法人パーソン・センタード・ケアを考える会
共 催:認知症の人と家族の会 東京都支部、三豊市立西香川病院
後 援:日本認知症ケア学会、認知症介護研究・研修大府センター
助 成:大和日英基金、公益信託オラクル有志の会ボランティア基金
出 演:パム・シュワイツァー、アレックス・シュワイツァー
通 訳:中川 経子 岡崎 洋子
翻 訳:中川 経子 村田 康子

DVD制作

制作協力  認定NPO法人パーソン・センタード・ケアを考える会 村田 康子 内田 達二
ナレーション原稿作成 中里 雅子
ナレーション原稿アドバイス 村田 康子 中川 経子
ナレーター 會田 典子
撮影・構成 桑野 康一
制作・著作 シルバーチャンネル

商品情報

項目 
タイトル「思い出を分かち合おう、今日をともに生きよう」
~回想を生かした認知症をもつ人とのよりよいコミュニケーション
パム・シュワイツァーワークショップ
形態DVD
分数128分
製作年度2020年
商品コード0483
JANコード4562398140929
価格3,300円(税込み)


あなたにおすすめ

認知症plus 回想法 [書籍]

内容紹介

「介護予防のための取り組み」として、写真を用いたグループ回想法を実践する際にご活用いただけるガイドブックです。実践に使える別冊写真集付き。

・高齢者施設でのアクティビティに
・介護予防プログラムやサロン活動に
・世代間のコミュニケーションに
本書と別冊写真集「思い出が蘇る懐かしい昭和の写真」をご活用ください

*本書は、2013年刊「認知症予防のための回想法」を改題・改訂し、「認知症plus」シリーズの一冊として発行したものです。

目次

第1部 イントロダクション:地域での看護・介護に活かす回想法
1 回想法の意義と期待される効果
2 地域での看護・介護に活かす回想法
3 回想法実践:特に気をつけたいポイント
4 写真と併用できる回想トリガー
5 回想法実践後の高齢者の変化を知るための方法
6 目的に応じた回想法の活用

第2部 回想法実践①:心をひらくコミュニケーションのコツ
1 コミュニケーションの基本スキル
2 聴く力と話す力
3 長期記憶と短期記憶
4 男女の特性:いくつになっても男と女

第3部 回想法実践②:グループ回想法運営のコツ
5 写真の選び方(その1)
6 写真の選び方(その2)
7 シナリオを創造する:想像と創造
8 個人回想と時代回想
9 回想法は三題噺
10 とんちの効用:笑いは成功のバロメーター
11 ロールプレイや寸劇で楽しく
12 歌の効用
13 人生経験を聴く・知る・学ぶ場に:誰もが一度は主役になれる集まり
14 「また来てね」「また来るよ」の間柄に
15 昔とった男の杵柄:男性参加者への配慮
16 認知症予防は地域の力で
17 地域で取り組む回想法:倉敷市小鴨公民館の活動
18 地域で取り組む回想法:富士見町社会福祉協議会の活動
19 生活用具を活用したリズムセッション
20 関係性を築くかかわり方
21 家族による回想法は・・・:回想法の落とし穴
*別冊写真集[思い出が蘇る懐かしい昭和の写真]

編集
鈴木 正典  出雲市民病院麻酔科部長

執筆
鈴木 正典  出雲市民病院麻酔科部長
梅本 充子  中部大学生命健康科学部保健看護学科教授

商品情報

項目 
タイトル認知症plus 回想法
形態書籍
ページ数114(写真集44ページ)
出版年度2019年
出版日本看護協会出版会
商品コードB0023
ISBNコード978-4-8180-2209-6
価格2,530円(税込み)


あなたにおすすめ

さあ!みんなで懐かしい話を始めよう [DVD]

グループ回想法の実践方法を解説

グループ回想法の実践方法を解説したビデオです。準備から閉会、閉会後のカンファレンスまでの流れを順を追って解説しています。初心者が直面する「話が盛り上がらない場合」、「話題が長くなってしまう参加者の場合」、「否定的な発言をする参加者がいた場合」などの課題について、対応のポイントもご紹介しています。

DVDの収録内容(全24分)

1.まず準備をしよう
2.懐かしい話の会を始めよう
3.うまく展開しない場合
4.懐かしい話の会閉会
5.懐かしい話の会閉会後反省会をおこなう
6.懐かしい話の会終了後

(ポイント解説)
 ・相互交流を上手に進める方法
 ・話題が長くなってしまう参加者の場合
 ・話題が繰り返しになった場合 他

サンプル映像

講師紹介

来島修志(きじましゅうじ)
日本福祉大学健康科学部リハビリテーション学科作業療法学専攻 助教

病院や高齢者施設の認知症をもつ方々に対し、作業療法や回想法を実践してきた経験より、現在は認知症ケアにおける回想法に関する講演・研修をはじめ、地域の認知症予防を目指す。愛知県北名古屋市をはじめ岐阜県恵那市、青森県八戸市、兵庫県加東市、静岡県湖西市などで「地域回想法」の普及とまちづくりに取り組んでいる。また施設や地域のサロン、家庭でも気軽に回想法を楽しんでいただけるよう「テレビ回想法」や「パソコン回想法」の開発と普及にも携わっている。

DVD制作

出演 リーダー  来島修志
   コリーダー 小島恵美、青山美枝

制作協力 北名古屋市回想法センター(旧師勝町回想法センター) 
     岩本 昭 内山とし子 大野昌春 大野裕子 田中隆司 堀場清子 吉野ふみ
 
ナレーター 中里 雅子

制作著作 株式会社シルバーチャンネル

商品情報

項目 
タイトルさあ!みんなで懐かしい話を始めよう
形態DVD
分数24分
製作年度2005年(DVD発行2019年)
商品コード0480
JANコード4562398140882
価格2,750円(税込み)


あなたにおすすめ