身体拘束ゼロ作戦~やってみることから始まる [DVD]

身体拘束を廃止する過程を解説したビデオ

高齢者施設での身体拘束を廃止することを目的に、東京都の特別養護老人ホームの実際の取組みを取材して、身体拘束を廃止する過程を解説したビデオです。ケアスタッフや施設長を巻き込んだ、等身大の取り組みを見て、身体拘束ゼロへの参考にしてください。

DVDの内容

1 身体拘束廃止に向けた特別養護老人ホーム第二八丈老人ホーム(東京都)の取り組み
 ・拘束廃止のための観察
 ・委員会の発足
 ・ハード面の整備
 ・事故に対する対応
 ・記録用紙の見直し
 ・家族への説明

2 拘束廃止にむけて見えてきた問題点
 ・なぜこの拘束が必要なのか?
 ・拘束以外の有効な手立てが見つからない
 ・業務中心の見えないルールに縛られている
 ・一緒に取り組みための職員間の意思疎通が不十分である
 ・解決案『業務体制の変更』、『見守り業務の新設』

3 変わり始めたケア
 ・車いすの見直し、トイレ誘導の見直し、食後の下膳のタイミングなど

4 解説「事故に関する法的責任についての考え方」
     東海大学医学部教授 弁護士 児玉安司

5 身体拘束廃止を進めるための18のチェックポイント
  〜あなたの組織でまだできることがありませんか?〜

協力   
第二八丈老人ホーム
特別養護老人ホーム 清水坂あじさい荘
三宅坂総合法律事務所
認知症介護研究・研修東京センター
東京都福祉局高齢者部

監修 鳥海房枝 永田久美子 橋本泰子
企画製作 認知症介護研究・研修東京センター

サンプル映像


商品情報

項目 
タイトル身体拘束ゼロ作戦~やってみることから始まる
形態DVD
分数35分
製作年度2005年
商品コード0240
JANコード4562398140240
価格2,750円(税込み)

あなたにおすすめ

身体拘束廃止研修ビデオ 鳥海先生の新・始めの一歩〜身体拘束ゼロの真の意味[DVD]

今日がいい日である、明日が来たらまた今日が一番いい日である

身体拘束禁止から20年。身体拘束ゼロ作戦推進会議のメンバーだった鳥海先生が話す「身体拘束ゼロの真の意味」をまとめたDVDです。
2019年6月に行なわれた「第2回身体拘束ゼロ・高齢者虐待防止推進勉強会」 での鳥海房枝先生の講演を、施設内研修などで活用できるように再構成しました。 「今日がいい日である、明日が来たらまた今日が一番いい日である」という毎日をいい顔で送っていただき、いい涙を流してお別れする。そのために、私たちは今日何をすべきなのか・・・。 身体拘束ゼロの真の意味を、改めて考える内容となっています。日頃の取り組みを見直す機会に、ぜひご活用ください。

DVDの収録内容(全46分)

1.はじめに 2分
2.身体拘束ゼロへの手引き 14分
3.身体拘束ゼロの真の意味① 〜認知症をもつ人の行動は、私達へのコミュニケーション 6分
4.身体拘束ゼロの真の意味②  〜高齢者の生老病死を肯定する 7分
5.身体拘束ゼロの真の意味③  〜ご家族が身体拘束を希望するケースについて考える 7分
6.身体拘束ゼロの真の意味④  〜利用者の傍らにいる時間をいかにつくるか 10分

サンプル映像

講師紹介

鳥海 房枝(ちょうかい ふさえ)
NPO法人メイアイヘルプユー 事務局長

東京都北区の保健師として36年間勤務。保健所、障害者センター、お年寄り相談係を経て、1998年より特養ホーム北区立「清水坂あじさい荘」副施設長。2007年から2011年まで同施設の総合ケアアドバイザー。2001年厚生労働省「身体拘束ゼロ推進会議」マニュアル分科会メンバー。現在は、福祉第三者評価を中心に活動。

著書「高齢者施設における看護師の役割―医療と介護を連携する統合力」、「高齢者施設における転倒事故は減らせる!」、「介護施設におけるターミナルケア―暮らしの場で看取る意味」、「ノロウイルス感染対応マニュアル―あじさい荘における拡大抑止の考え方とテクニック」(いずれも雲母書房)。

制作協力:社会福祉法人沼風会、NPO法人シルバー総合研究所
ナレーター:中里 雅子
製作・著作:シルバーチャンネル

商品情報

項目 
タイトル鳥海先生の新・始めの一歩! 身体拘束ゼロの真の意味
形態DVD
分数46分
製作年度2020年
商品コード0479
JANコード4562398140882
価格2,750円(税込み)



あなたにおすすめ

これならできる! 身体拘束ゼロの認知症医療・ケア [書籍]

内容紹介

人の尊厳を守るためにも、身体拘束をしない医療・看護は大原則ですが、カテーテル自己抜去や転倒など生命に直結するリスク回避のためには不可避という考えもあります。
本書では「どうしたら身体拘束はなくせるか」という課題に、実践に基づいた具体的テクニックを紹介。
「点滴抜去」「チューブ・膀胱留置カテーテル抜去」「帰宅願望」「徘徊」などの場面別に、身体拘束しないテクニックを満載しました。

目次

Part1 身体拘束ゼロを実現するために
 ・私たちは、どうやって“身体拘束ゼロ” を実現したか
 ・これだけ有効! 身体拘束ゼロの研究成果
 ・“過活動性せん妄” に身体拘束ゼロで対応する際の回復段階モデル
 ・身体拘束ゼロに向けた 基本的な考え方と工夫

Part2 拘束ゼロ実現のための具体的テクニック
 ・基本的なコミュニケーション方法とケアの工夫
 ・点滴・チューブ等の挿入時の工夫
 ・水分・食事摂取時の工夫
 ・経鼻カニューレ・酸素マスク装着時の工夫
 ・膀胱留置カテーテル装着時の工夫
 ・脱衣・おむつはずしへの対応と工夫
 ・帰宅願望への工夫

Part3 認知症へのトータルアプローチ:大誠会スタイルの実践
 ・大誠会スタイルの理念と研修
 ・大誠会スタイルの理念を実現するための院内連携
 ・在宅から病棟へ、病棟から在宅へと“ つながる支援”

参考資料
 ・BPSD + Q/BPSD25Q
 ・DDQ-43
 ・ケア内容チェックシート
 ・BPSD シート
 ・職員向け確認テスト

コラム
 ・脳活性化リハ5原則とリハの工夫
 ・ハッピー・エンド・オブ・ライフ・ツリー(終わりよければすべてよしの樹)
 ・認知症の人への呼吸リハビリテーションの工夫

監修
山口 晴保 認知症専門医、医療法人大誠会 顧問
田中 志子 認知症専門医、医療法人大誠会 内田病院 理事長

執筆
大誠会認知症サポートチーム

商品情報

項目 
タイトルこれならできる! 身体拘束ゼロの認知症医療・ケア
形態書籍
ページ数84ページ
出版年度2020年
出版株式会社 照林社
商品コードB0024
ISBNコード978-4-7965-2486-5
価格1,760円(税込み)




あなたにおすすめ

高齢者福祉における職業倫理 ② 高齢者虐待防止編[DVD]

身体拘束・虐待をしない。その延長線上に看取りケアがある

「縛らない看護」の著者田中とも江氏による、高齢者虐待防止・身体拘束廃止の視点からの職業倫理の講義です。高齢者虐待防止編では、高齢者施設内の虐待について、虐待を生まない組織に大切なことなどを、実践者としてのリアルな言葉で伝えています。高齢者ケアに関わるすべての人にとって、ケアの原点を振りかえる機会となります。施設内研修などで繰り返しご活用ください。

DVDの収録内容(全96分)

1 講師紹介(3分)
2 高齢者虐待の定義(14分)
3 氷山の一角〜施設内虐待とは(18分)
4 尊厳を冒す行為(11分)
5 虐待を生まない組織に大切なこと(8分)
6 不適切なケアを見抜く目を持つ〜本当のゴールとは(16分)
7 介護職員のための虐待予防チェックノート(7分)
8 ケアホーム西大井こうほうえんの取り組み(20分)

サンプル映像

講師紹介

田中 とも江(たなか ともえ)
社会福祉法人こうほうえん ケアホーム西大井 こうほうえん 施設長
拘束廃止研究所 所長
東京高尾看護専門学校を卒業後、1984年に上川病院に勤務。総婦長を務めた1986年頃より、縛らない看護に取り組む。縛らない看護・介護の実践は、全国に広がり、1998年「抑制廃止福岡宣言」や、1999年「九州宣言」につながった。研修やOJTを通じて、抑制廃止・身体拘束ゼロの普及に尽力。身体拘束の背景には、排泄が大きく関係していると考え、「尊厳ある排泄ケア」、「暮らしを支えるトータルケア」の実践、普及を推進。

商品情報

項目 
タイトル高齢者福祉における職業倫理 ② 高齢者虐待防止編
形態DVD
分数96分
製作年度2018年
商品コード0469
JANコード4562398140790
価格2,750円(税込み)


あなたにおすすめ

高齢者福祉における職業倫理 ① 身体拘束廃止編[DVD]

身体拘束・虐待をしない。その延長線上に看取りケアがある

「縛らない看護」の著者田中とも江氏による、高齢者虐待防止・身体拘束廃止の視点からの職業倫理の講義です。身体拘束廃止編では、「身体拘束による弊害」や「身体拘束禁止の対象となる具体的な行為」を、実践者としてのリアルな言葉で伝えています。高齢者ケアに関わるすべての人に、ケアの原点を振りかえる機会を与えます。施設内研修などでご活用ください。

DVDの収録内容(全60分)

1 講師紹介(3分)
2 あるべき実践(12分)
3 身体拘束による弊害と抑制死(16分)
4 身体拘束禁止の対象となる具体的な行為(12分)
5 抑制ゼロの取り組み(15分)
6 参考書籍の紹介(2分)

サンプル映像

講師紹介

田中 とも江(たなか ともえ)
社会福祉法人こうほうえん ケアホーム西大井 こうほうえん 施設長
拘束廃止研究所 所長
東京高尾看護専門学校を卒業後、1984年に上川病院に勤務。総婦長を務めた1986年頃より、縛らない看護に取り組む。縛らない看護・介護の実践は、全国に広がり、1998年「抑制廃止福岡宣言」や、1999年「九州宣言」につながった。研修やOJTを通じて、抑制廃止・身体拘束ゼロの普及に尽力。身体拘束の背景には、排泄が大きく関係していると考え、「尊厳ある排泄ケア」、「暮らしを支えるトータルケア」の実践、普及を推進。

商品情報

項目 
タイトル高齢者福祉における職業倫理 ① 身体拘束廃止編
形態DVD
分数60分
製作年度2018年
商品コード0468
JANコード4562398140783
価格2,750円(税込み)


あなたにおすすめ

新任、横山君の初めての虐待対応 [DVD]

内容紹介

高齢者虐待防止ネットワークや、擁護者による高齢者虐待への対応手順、地域包括支援センターとの連携や役割分担等、高齢者虐待防止法に基づいた虐待対応の基本を、再現ドラマを交えて解説しています。行政の新任職員が視聴対象です。

DVDの収録内容(全25分)

高齢者虐待防止ネットワークとは
擁護者による高齢者虐待への対応手順
老人福祉法に基づく措置
成年後見制度
リスクアセスメントシート
個別ケース会議での支援計画の検討

制作:NPO法人シルバー総合研究所

サンプル映像

商品情報

項目 
タイトル新任、横山君の初めての虐待対応
形態DVD
分数25分
製作年度2010年
商品コード0300
JANコード4562398140462
価格2,750円(税込み)

あなたにおすすめ