おむつを減らす看護・介護 [書籍]

内容

あなたのご両親が、おむつを着けられた姿を想像できますか。そうなっても、現場の手間が大変なのだから仕方ないと思えますか。おむつは使用するとしても、「一時的な手段」と考えるべきなのです。『縛らない看護』の著者の監修による、患者・利用者を中心にすえた排泄ケアの実践マニュアル。

 
医療や介護の現場で、おむつは汎用されています。もちろん、おむつが必要な場合が多くあるのは事実です。しかし多くの現場では、それが本当に必要なものかどうか、という明確なアセスメントもなく、また、本人や家族との話し合いはおろか説明もないまま、現場の看護・介護スタッフの独断で、使用されているのが現実です。また、使用にあたっても、その使い方が、ご本人に合った適切な使用法か、というアセスメントがされているとは思えません。(「監修の言葉」より)

目次

第1章 おむつはいったい誰のため
第2章 おむつの弊害
第3章 実践!おむつに頼らない看護・介護
第4章 おむつに頼らない看護・介護の実例
第5章 事例紹介
資料編

著者

監修 田中とも江
構成・執筆 渥美京子
取材協力 橋本康子

商品情報

項目 
タイトルおむつを減らす看護・介護
形態書籍
ページ数103ページ
出版年度2003年
出版株式会社医学芸術社
商品コードB0006
ISBNコード978-4-87054-180-1
価格2,420円(税込み)