認知症の人の心を感じて [ DVD]

内容紹介

このDVDは、認知症の方を支える人に、認知症の人の心の動きを、映像によって感じていただくために作られました。映像では、認知症の人とその家族を、SPSDが演じています。

SPSD (Simulated Person with Senile Dementia)とは、教育研修等のロールプレイで認知症の人を演じるために、特別な訓練を受けた人たちのことです。ビデオには、家族と認知症の人との関わりを描いた、3つのシーンが収録されています。

家族は、「嫁」「娘」「妻」、それぞれ異なった立場で描かれています。適切な関わりが描かれているわけではありません。講座や研修で視聴後に、「認知症の人の心」について、感じたことを話し合ってください。

(事例)
1 初期認知症の母(69歳)と嫁(31歳)
2 中期認知症の母(70歳)と娘(44歳)
3 中期認知症の夫(72歳)と妻(70歳)

監修 永田久美子 認知症介護研究・研修東京センター
制作 株式会社 シルバーチャンネル
製作/著作 特定非営利活動法人 アビリティクラブたすけあい

サンプル映像

商品情報

項目 
タイトル認知症の人の心を感じて
形態DVD
分数24分
製作年度2008年
商品コード0028
JANコード4562398140028
価格2,200円(税込み)

あなたにおすすめ