オールジャパンケアコンテスト2018

10月13日、介護の質の向上と地域のつながりを目指した「第9回オールジャパンケアコンテスト(AJCC)」が、島根県米子市の米子コンベンションセンターで行われ、今年も撮影に行きました。

オールジャパンケアコンテスト(AJCC)は、全国各地から集まったケア専門職(120名)がケアの腕前を競い合うコンテスト。今年は、EPA介護福祉士候補者の2名(トリ プジ ス サンティさん(こうのしま介護老人保健施設)、ドゥイ クルニアワン アナムさん(天神介護老人保健施設)いずれも岡山県)も参加していました。コンテスト終了後には、映画「ケアニン~あなたでよかった~」の上映会と、エグゼクティブプロデューサー山國秀幸さんを迎えてのトークショーも行なわれました。

来年は10回目のコンテスト開催となる記念すべき年。東京のオリンピックセンターで行われることが決まっています。是非全国から多くの選手に参加してほしいと思います。

オールジャパンケアコンテスト2018公式DVDはこちら

第9回オールジャパンケアコンテスト(AJCC)
主催 第9回オールジャパンケアコンテスト実行委員会
共催 鳥取県、第一生命保険株式会社
主幹 社会福祉法人こうほうえん、会長 廣江研


看取りケア部門 以前トラックの運転手をしていた方。今は看取りと診断され、食事が止められており1日1度飴をなめることを楽しみにしておられます。好きだった八代亜紀や北島三郎の音楽を聴き地図を眺めて過ごしているという設定。選手は本人の意向に沿った支援を7分間の演技で表現します。


口腔ケア部門 アルツハイマー型認知症のある佐藤さんへの口腔ケア。ご自身の歯磨きでは磨き残しがあります。今後、佐藤さんが自分で口腔内の清潔保持ができるようになることを目指して支援をおこないます。高齢者役も介護の専門職が担当しています。

入浴ケア部門 1週間前に転倒し一人での入浴に不安がある木村さんへの支援。円背があります。脱衣場まで案内し着衣までの支援をおこないます。写真は、EPA介護福祉士候補者のドゥイ クルニアワン アナムさん(B部門優秀賞受賞)。

認知症ケア部門 軽費老人ホームに入居中のアルツハイマー型認知症をもつ井上さん(85才)への支援。今日は、公民館で行われる歌の会に参加する予定。身支度をして外出までの支援をおこないます。

排泄ケア部門 老人保健施設に入居中の岡本さんは、脳梗塞後遺症で軽度の左片麻痺があり、全ての動作に依存傾向がみられます。排便が4日間みられていません。ポータブルトイレで排泄後、ベッドに戻るまでの支援をおこないます。


食事ケア部門 松本さんは脳梗塞後遺症で右片麻痺があります。おやつの時間ですが、昨夜不眠のため椅子に座ってウトウトしておられます。もともと食べる事が好きな方ですが、最近、疲労感が強く食欲が落ちています。おやつと水分補給の支援をおこないます。
写真と文 桑野康一

オールジャパンケアコンテストカテゴリーの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。